ハイエナ稼働

閉店リスクに対する考え

投稿日:

ハイエナ稼働をする上でよく話題になるこの閉店リスク。

「ゴッド凱旋の900~20時半から打ちますか?期待値ありますか?」

この手の話題はいつになっても絶えない。

これに対する個人的な考えはこうだ。

もし閉店取り切れずになった場合、閉店時間から逆算して満足する勝ち額を確保できるのであれば打つ。そうでなければ打たない。

別に明確な目安なんてないっすよ。ただ自分が満足出来る未来が想像できるのであれば打つ。

閉店リスクがどうのこうので期待値減がうんたらかんたらで~とか、どうでもいいっすよそんな話。

最初の例でいうとゴッド凱旋の900~@20時半だとしたら天井到達が21時15分くらい。

そこから閉店まで1時間35分なので、もし取り切れずとなった場合、約4,000枚弱確保できる。

投資約25kの回収4,000枚弱。大満足だね。

ということで打つ。

ウダウダ余計な事を考える時間が無駄なので即着席&回し。

閉店取り切れずのリスク?

それって果たしてリスクなの?

いいじゃんいっぱい勝ったんであれば。

その取り切れずが次の日以降の稼働に影響を与えるとでも?

ちなみに管理人はこういう考えなので21時前後でも積極的に座るタイプであるが、まあそう都合よく閉店まで連チャンが続くなんてことは起きない。

二ヶ月に一回あるかないか、ってレベル。

現実はそんなもんすよ。

ただ勿論例外はあって、バジリスク絆に代表する天井到達までの時間が読めないタイプ。

これ系はさすがに警戒した方がいい。当たらずに閉店するという可能性がある。

さっきまでの取り切れず~の話と違ってこっちは正真正銘のリスクだからね。

結論:閉店取り切れずは満足な勝ちが確保出来るのであれば別にリスクではないが、閉店当たらずは間違いなくリスクなので注意すべし。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-ハイエナ稼働

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.