コラム

確率は信用すべきか?

投稿日:

今回は確率についてのお話。

パチンコ・スロットを打っている人にとってはいつだって身近にあるこの確率の問題。

本来確率についての勉強なんて小学校で習ってきているので、確率というものは独立試行であり、常に一定の分母分子で抽選を行っている、ということは誰でもわかるはずなのだが、いつの時代もそういった確率論を否定する「オカルター」と言われる人達が存在する。

そんなオカルターの多くが真顔でこの理論を振りかざす。

ハマった後は連荘する。逆に連荘した後は、ハマる。なぜなら確率は収束するものだから。



バカ言え。

確率の収束なんてものは、ない。

ないと言うと語弊があるが、多くの人が確率の収束という言葉を誤認している。

考えてもみてほしい。確率は独立試行なんだ。過去の結果がこれから起こる未来の結果に影響を与えるなんてことは、有り得ない。

確率の収束の正しい意味合いは、常にその確率で試行回数を重ねれば、過去の上振れ、下振れなんて誤差に見えるよ、って、ただそれだけの話。

結果が収束に向かうわけではないので、そもそもこれを確率の収束と言うのは何か違うような気もするが、パチンコ業界においてこの言葉が市民権を得ているようなのでまあそれは放っておく。

確率はそう簡単に理論値通りにはならない

「この台は現在2000Gで1/140ですが、現在500ハマっており、この500ハマりの前までは合算1/110であったと考えれば打てなくはないですね」

とあるスロットの実践企画番組で、いわゆる勝ち組ライターと言われている人がこんなことを言っていた。

(おいおい、まじかよ・・・)

ちょうどこの番組を見ていた管理人は驚いた。現在の500ハマりを除外視した視点でモノを語る意味がわからない。

これはまあ特にひどい例だったと思うが、これに近いことを言う人は結構多い。

「このジャグラーは4000Gでビッグもバケも引けて合算1/120なので6もあると思いますし、下はまあほぼないと思います。」

いや、全然下あるってそれ。確率ってそんな簡単に理論値通りになるもんじゃないってば。

管理人ももうスロットをジョブとして打ち始めて結構長い事経つ。

確率が起こすミラクルも理不尽さも腐るほど経験してきた。

だからこそ断言できる。

個人が回せる程度の試行回数で、確率はそう簡単に理論値通りにはならない。

確率は絶対

確率があてになんなきゃ一体どうすればいいんだよ!

ていうかお前は確率追い求めて立ち回って結果出してんだろ!?

そんな鋭いツッコミが飛んできそうだ。

もちろんその通り。管理人はハイエナ稼働という勝つ確率が高い勝負で長い事結果を出している。

勘違いしないで欲しいのは、ここで言いたい事は確率はそう簡単に理論値通りにはならない、というだけの話で、確率自体を否定するものではない。

むしろ確率というものは絶対的な存在だ。

少し言葉を足すと、これから起こりうる確率、というものは絶対だ。

以前こちらの記事でも書いたが、ハイエナ稼働は設定狙い稼働と違って確率(≒期待値)が目に見えている。

つまりは答えが見えている。

だったらもう勝つためにその答えが見えている賽を振り続けるしかない。

勝つ確率が高い勝負を延々としているだけなので、しばらく続ければ勝つことの方が多いが、当然負けることもある。

何故なら先程からしつこいくらい述べているように、確率はそう簡単に理論値通りにはならないからだ。

打てども打てども勝てない。じゃあどうする?

過去の下振れがちっぽけに見えるくらい、試行回数を増やせばいい。

それしか答えはない。

最後に

ジャグラーでむっちゃ連荘して合算1/100になった・・・バケも引けてるけどこの後ハマるだろうからここで辞め!



別に下手の横好きならそれで構わない。

ただもしスロットで飯を食う立場の人がこういう行動をしていたら、ハッキリ言って終わりだ。

何か根拠があってその台に座ったのだろう。一連の連荘が果たしてその根拠を否定する要因となり得るのか?

確率を信じられなくなったらスロプロとして終わりである、と個人的に考えている。

確率は信用するな(そう簡単に理論値通りにならない)という主張と、確率は絶対的なもので信用できなくなったら終わりという主張が一見相反するようにも見えるが、ちゃんと読んでもらえれば矛盾はしていないとわかってもらえると思う。

管理人の周りにも本気でオカルトを振りかざす人が結構多いので、そういった人たちに少しでも届いてくれればいいと久々に真面目な長文を書いてみたが、果たして届いてくれるだろうか。。。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-コラム

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.