ハイエナ稼働

初代まどマギのART間ハマリのよる穢れ蓄積についての考察

投稿日:

普段まどマギの穢れ狙いなんていう危険極まりない行為はやらないのだが、先日ART間4,300ハマリというどぎついのを見つけたので、軽い気持ちで打ってみた。

まどマギの穢れシステムは未だに解析が公表されていない部分が多々あるのだが、このART間ハマリもその一つである。

多分、もうこの解析は永久に出ないのであろう。

今更感満載でもう時期的には相当遅いかもしれないが、それでもこのシステムについて真面目に考察しようと思う。

以前投稿した記事にも書いたが、解析サイトに載っていない情報はライバルと差をつけるものとなり得るからだ。

今回ART間4,300ハマリを打ってみてわかったことと、打ちながらネット情報を調べて思う自分なりの考察をここに載せる。

ART間ハマりはボーナスのゲーム数を含むか?

結論から言うと、含むで間違いない。

冒頭で書いたART間4,300ハマリの台であるが、これはボーナスのゲーム数を含んだ概算値であり、実際に打つ前のデータ表示器上の数値はこうであった。↓

・BIG:9
・REG:6
・総ゲーム数:3,600(当日ノーART、リセ確)

この台に座ってすぐにREGを1回引き、その後625程ハメた時、突然大穢れが発生した。

データ表示器上は約4,250、ゲーム数ハマリで飛ぶゲーム数ではなし、少し前にレア役を引いていたためレア役間ハマリもなし。

それ即ちこの穢れはボーナスのゲーム数を含んだART間5,000ハマリ以外可能性ナシ、という状況であるため、この結論に至った。

まあこれについては打つ前からネットでみんな含む含む言ってたので、やっぱりねという感じやね。

穢れ蓄積ptはいかほど?

打つ前にネットで調べた情報によると、ART間ハマリの穢れは2,000以降1,000毎に抽選されており、抽選を通した場合は100pt確定である、という説が有力視されていた。

この仮説を読んでみて、なんかこれで合っている気がするなぁとぼんやり思った。

管理人は導入初期まどマギの設定狙いを狂ったようにしていた時期があったので、ART間2,000ハマリというものはちょいちょい経験していたし、3,000ハマリも稀に経験していた。

しかし、穢れが蓄積された記憶がなどない。ただの一度もない。当時はこのART間ハマリによる穢れ蓄積はガセだろうとさえ思っていた。

ただそれもこの説であれば納得も出来る。100pt蓄積というのは只事ではない。そりゃぁ2,000ハマリなんぞでそうそうくれるもんでもなかろう。

今回打ち始めたART間4,300ハマリのこの台。

実は打ち始めてすぐに穢れ溢れ中演出が発生していた。この仮説を立証するのに持って来いの状況である。

そしてART間5,000ハマリで大穢れ獲得した後に開放したエピボからのARTを消化後、すぐに穢れ溢れ中演出が発生した。


※画像は拾い物

穢れ解放後も70pt以上が残っていたのである。

ということはつまり5,000ハマリの際に100pt獲得したということだろう。ネット民の仮説通りである。

もちろんサンプル不足であるのは重々承知だ。

しかし、過去のまどマギ鬼稼働時の記憶、ネット民による主張、そして今回のこのサンプル。

全てを照らし合わせると、おそらくこの仮説は正しいであろう、と管理人は結論づけた。

ネット民の中で過去ART間6,000ハマリで飛ばなかった!と嘆いている人がいたので、おそらくゲーム数毎の抽選率はこんなもんなんじゃないかと勝手に予想↓

・2,000ハマリ→10%
・3,000ハマリ→20%
・4,000ハマリ→40%
・5,000ハマリ→60%
・6,000ハマリ→85%
・7,000ハマリ→100%

6,000ハマリでも飛ばなかったって恐ろしいよね冷静に。

これをどう立ち回りに活かすか?

結局のところココが肝である。そしてこれが難しい。

もしデータ表示器でボーナスのゲーム数がわかるタイプだったら相当有効であるが、そうでなかった場合はこれで立ち回るのはなかなかに厳しい。

・データ表示器がボーナスのゲーム数もわかるというタイプであった場合

ほぼほぼ正確なゲーム数がわかるため、積極的に狙いにいってヨシ。ART間2,000でも3,000でも、踏んで飛ばなかったら辞め。
ただしMBのゲーム数を概算で引く必要があるので注意。まあこれは全設定1/25.5なので、計算すればほぼほぼ正確な数値がはじき出せるだろう。

・データ表示器でボーナスのゲーム数がわからないというタイプであった場合

ビッグのゲーム数は高確の引きによるところなので、結構ブレる。そのためピンポイントでART間ハマリを踏みにいくのは少し難しい。なのでこの場合は条件付きの立ち回りになるだろう。

例を出すと、まずビッグのゲーム数を60と仮定して概算値を出す。

①普段天井狙いのボーダーは600~であるが、ゲーム数500、概算ART間ハマリが2,700という台があったので、ART間3,000ハマリを踏めそうという目論見で、一度ボーナス当たるまで打ってみる。

②現在300、概算ART間3,950ハマリという台を450のゾーンまで回す。いくらビッグの高確でブレるといえど、150回せばさすがに4,000ハマリを踏むだろうという目算。但し、すでに4,000ハマリを踏んでしまっていて、かつ穢れが飛んだという可能性も考慮して、面倒だが毎回キャラタッチで黒セリフを確認。

・・・やっぱりちょっと苦しいねデータ表示器でボーナスのゲーム数がわからないタイプは。①は大丈夫だろうけど②の立ち回りで本当に期待値が出るのか怪しい。

あと管理人が通う範囲のホールのデータ表示機って全てボーナスのゲーム数わからないんだけど、そもそもわかるタイプなんて存在しているのだろうか・・・笑

まとめ

・ART間ハマリはボーナスのゲーム数を含む。

・ART間ハマリの穢れは2,000ゲーム以降1,000ゲーム毎に抽選されており、抽選を通した場合は100pt確定である。

・データ表示機でボーナスのゲーム数がわかる場合は立ち回りに活かせるが、そうでない場合は結構難しい・・・。

まあここでどれだけ喚いても仮説の域は出ない。しかし、仮説でも知らないよりは絶対知っていた方がいいと思う。

少しでも皆様の立ち回りの参考になればという思いです。

それでは。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-ハイエナ稼働

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.