ハイエナ稼働

ハイエナ稼働における店選び、リセット状況の把握

投稿日:2018年3月8日

以前の記事で店選びとリセット状況の把握はむっちゃ大事やで~って書いたので今回はそれについて書きます。

かなりリセットの方に重きを置いた記事になっていますが、ご容赦ください。

店選び

ズバリ結論から言ってしまおう。

適度に台数があって、機種のラインナップがよくて、適度に稼働があって、プロっぽい人が少なくて、養分っぽい客が多い店。

こういう店をリセットの状況を見て使い分けてくれ。

ハイエナに向いた機種についてはコチラを参考に。

ハイエナ向け機種

天井やゾーンがある台の美味しいところだけ掻っ攫う、というのがハイエナ稼働のスタイルなので、当然そういったものが搭載されている機種がハイエナ稼働の対象となる。 当然のことながらノーマルタイプは対象外であ ...

続きを見る



超絶ふわっと説明で申し訳ない。でも具体的に説明するのが難しい(´・ω・`)

リセット状況の把握についてはちゃんと書いたので、どうにか勘弁願いたい。

リセット状況の把握

リセット状況ってのは当然であるがお店によって方針が異なるので、いくつかパターン分けしてみる。

・全機種全リセ

多分調査段階ですぐ気付く。

リセットで短縮される台に注目すれば一目瞭然。

こういったタイプのお店はもちろん重宝出来るのだが、わかりやすい分ライバルが多いことも予想される。

リセットの癖もへったくれもないので、あまりライバルを出し抜けるような店ではない。

最近の機種でリセット期待値の高い台ってあんまないから、少し育った昼過ぎくらいが一番狙い目。

・全機種全据え置き

実は管理人は未だにこういったタイプのお店に出くわしたことがないのだが、もし見つけたらパラダイス。

多分ライバルも多いだろうが、そうだったとしても負けずに通う価値アリ。

下見は必須だが、朝一から狙おう。

というか朝一以外はあんまし活躍の場ナシ。

・基本据え置きだがハマり台のみリセット

なにげに結構多い思う。

リセット短縮のある台で、リセでも据えでも打てるライン、って台を打つか、普通に当日ハマり台を打つしかない。

あと結構この手のタイプの店は、ハマりがデータ上隠れるタイプの台は気付かず据え置いてくるケースもあるので、そこが唯一の盲点か。

まあ言うてもやっぱそんなに使えないね。

・基本据え置きだが特定の機種のみリセット

ありがちなのが、稼働がいい機種や新台導入して間もない機種のみ全リセで、他は据えてくるパターン。

この手のタイプは、リセットだと思って打つもある日突然据え置きが確定して絶望する瞬間が大抵訪れる。

とても悲しい瞬間だね。

しかしこういった条件付きリセットはライバルが知り得ない情報の可能性もあるので、結構出し抜けることも多し。

・基本据え置きだがイベント日のみ全リセ

今どこのお店も大々的にイベントは打てないが、実態としては旧特定日や雑誌取材と銘打ってイベントを打っている。

こういったイベントの日にリセットをかけず、リセット天井を突き抜けた時の打ち手の気持ちを考えてみてほしい。

こういった思いをさせないため、とりあえずリセットだけはかけよう、ただし1→1だけどな。

って店は多い。

しかし稀に「イベント?知りませんよ。1は1なんですからリセットなんてかけません!」

っていう図太い神経をした店もあるので注意だ。

・ランダムリセットっぽい店

このタイプは厄介。

厄介だが、考えようによっちゃ使い勝手がいい、と管理人は思っている。

まず全リセでもないのに、は?何で今日この台リセットかかってるん?っていう経験があれば、普通プロっぽい人はそういった店で据え置きやリセット前提を考えた狙いを今後しなくなる。

要するに当日ハマりかリセでも据えでも打てる、って台しか怖くて触れなくなる。

当たり前のようにも聞こえる。

しかしもう一度よく考えてみてほしい。

なぜその台にリセットがかかっていたのかを。

イベントでもなけりゃ、看板機種でもない。

バラエティにポツンとあるクソ台だ。

これがリセットで隣のクソ台が据え置きってことは、この店は完全にランダムリセットじゃん。

と決めつける前に、もう少しだけ理由を考えてほしい。

ひょっとしたらこの店でバラエティーにあるそのクソ台は、なぜか毎日リセットがかかっているのかもしれない。

あるいは隣のクソ台はリセットしたら高確スタートするから、わずかばかり期待値が出てしまう。

だから隣のクソ台は据え置きでこの台はリセットなのかもしれない、とか。

何日も通い、ありとあらゆる理由を検証して、それでもその台のリセットに理由が見いだせなかったら、ランダムリセット認定しても構わない。

しかしぼんやりでもいい。

あ、この店のこういうタイプの台は結構な頻度でリセットするんだな。

でも逆にこの手の台はほぼ鉄板で据えだ。

っていうパターンをもし見つけることができたのであれば、その店は多分あなたにとっての勝ち頭となる。

リセットの癖を把握してライバルを出し抜けるってのは、これ以上ないアドバンテージだからね。

お店調査

最終的には足は使う事になるが、前段階の調査方法としてはデータロボサイトセブンを活用することを強く勧める。

月額300円かかるけど、ハイエナ稼働していく上でこれを利用しないのは有り得ない。

ホール登録が全て網羅できていないのが少し痛いけど、当日の当たりゲーム数や前日辞めゲーム数がわかるメリットは計り知れない。

300円なんぞ理論上エナ台一台打てば回収出来るわ、っちゅう話ですよ。

とりあえず当日の当たりゲーム数をサイトから数日分調査すれば、全リセか否かくらいは簡単にわかる。

リセットで天井が短縮され、かつ天井到達率が高い機種に注目すれば一発。

・・・即ち凱旋だね(ニッコリ

後はハマり台をリセットするか否か?これもサイトセブンで前日辞めゲーム数がわかるのである程度調査は出来る。

お店の特定日がいつかは稼働率である判断出来るかもだけど、さすがにそれだけだと判断基準が弱い。

ホールナビってサイトがあるのでココがお勧めかなぁ。ぶっちゃけ管理人は今は使っていないけど。

ある程度は無料でわかるんだけど、月額300円払わないと全てのホールは網羅できない。

サイトセブンと合わせて600円ともなるとでも少し高いと感じるかもしれないが、コイツも必要経費で最初は登録した方がいいと思う。

サイトセブンの方は店調査後も前日ハマリゲーム数情報がデカいのでそのまま登録しておいた方がいいけど、こっちのホールナビは調査終了したら解約でもいいかもね。

そんでもって上で紹介したサイトを駆使してある程度の情報が得られたら、後は最終確認で足を使って現地に赴く。

なんのかんの最終的にはコレしかない。エナなんて白兵戦みたいなもんすよ結局。

まとめ

店選びとリセット状況の把握とか言いつつ、リセットに関する比重が大分多めになってしまいました・・・。

でも個人的にはこのリセット状況の把握、てところが一番大事だと思っています。

というかここ以外あまりライバルと差出ないんすよね。

実際管理人のハイエナ稼働の半分以上はリセット、据え置き絡みです。

やってみれば分かると思いますが、当日ハマりってそんな拾えるもんじゃないんすよ。

何時間もウロウロして当日ハマり拾うよりも、リセット状況把握して効率よくハイエナ!

これが一番。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-ハイエナ稼働

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.