コラム 収支

番長3の天井狙いがマジで勝てない件

投稿日:

押忍番長3の天井狙いがどれだけ台数をこなしても全然勝てないと嘆いている奴ワイ以外にもおりゅ???

この稼業をしていたら機種単位の下振れなんて数えきれない程あるが、そういった機種は大抵試行回数が少ない事が多い。

どんなに出ねぇなぁと思いながら回していても、40~50台も台数をこなせば不思議と収支はプラスになっているもんだ。

しかし、中には例外がいる。

それがコイツ。

この轟金剛さん、勇ましいのは何よりだがなかなかデレちゃくれない。

久し振りにデータを見返してみると思ったよりは負けていなかったが、詳細を見るとその酷さがわかる。

台数:62台
稼働時間:39時間47分
勝率:30.64%
最高投資:17,000円
最高回収:55,000円
平均打ち出し:ベル146.5~
平均投資:7,895円
平均回収:7,709円
総収支:-12,500

おえっっっ。

思わず嗚咽が走る。

導入当初はベル110~とかから打っていたのだが、ベルの引き次第で2万弱かかることがあるという事実が発覚し、ボーダーを140~に修正。

ちなみにこの平均打ち出しだと5.6枚でも期待値2,000円以上はあり、機械割にすると112%近くあるらしい。

62台、30,000回転以上させて負けているのもまあ酷いが、個人的に一番やべーのは平均投資額だと思っている。

平均打ち出し146.5~、平均投資額8,000円弱ってこれ・・・

ほとんど天井じゃね???

いや、実際打っていて天井でしか当たんねーなーとは思っていたが、この数値は驚愕。

体感とかではなくリアルでほとんど天井でしか当たっていなかったという衝撃の事実。

あ、一応言っておくとね、こんな収支だけど意外にも引くもん引いてんのよ。

絶頂一回、超番長一回。

まあどっちも結果はお察しですがね。

かつてこれ程までにボーダー以上の台を見つけて嫌な気持ちになる台はなかった。

リセ後ベル70という台を見つける→他に打つ台ないか店内一周→徒歩で行ける別店舗に行き他に打つ台ないか探す→戻ってきてもう一度打つ台ないか店内一周→観念して打ち始める→天単→おえっっっ

↑これはお決まりのコース。

普通ボーダーを決めていても、状況次第では少し足りなくても打つケースが多い。例えば凱旋のボーダーは800~としているが、他に打つ台がなければ780くらいからでも打つとか。

しかし、番長3に関してはボーダーを超厳格に設定している。リセ後68~がボーダーだが、リセ後67という台が落ちていても無条件でスルーする。

他に打つ台がなかろうが「ボーダー届いてないんやから仕方ないよなぁ」と自分に言い聞かせて逃げている。実に都合のいい話だ。

本当は好きとか嫌いとか、相性がどうだとか、そういった感情寄りのものを優先して行動に変化をつけちゃいけないのだが、コイツだけはどうしても体が受け付けない。

まあしかしこの程度の試行回数でギャーギャー騒ぐなと言われればそれまでである。

なので撤去までにこなせるかは不明だが、もし100台こなすことができたらまた結果を載せることとしよう。

その時はさすがに勝っていると信じたい。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-コラム, 収支

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.