超個人的機種レビュー

バジリスク絆

投稿日:2018年3月11日

このコーナーは、管理人が打ったことのある台を自由気ままに批評していくものであり、評価項目、評価基準等々全て管理人の裁量次第、という炎上スレスレのものである。

飽きなければシリーズ化を予定しているが、どうなることやら。

記念すべき第一弾は、みんな大好きバジリスク絆編である。

バジリスク絆

     出玉感:★★★★★
     演出面:★★★★☆
    ゲーム性:★★★☆☆
ハイエナしやすさ:★★★★☆
   イライラ度:★★★★★

ご存知5号機きってのモンスターマシン、バジリスク絆。

その人気は今なおとどまることを知らず、イベント時は真っ先に埋まる機種である。

設定6の機会割119%というその高いスペックは当然のことながら、AT機である故出玉のボリューム、スピード感もGOD程ではないにしろ申し分ない。

その複雑な内部仕様から当初はあまり人気を博さなかった同機種だが、じわりじわりと評価を上げていき、この地位を確立した。

今では絆を好んで打つ若者のことを揶揄して「バジキッズ」なんて言葉が生まれるほどである。

そういえば管理人がスロデビューした頃も、4号機北斗から打ち出した若者が「北斗世代(笑)」なんて馬鹿にされていたことを思い出す。

歴史は繰り返すね。

その北斗世代(笑)も今や30過ぎのおっさんですよ。

話は逸れたが、個人的にこの台は演出面もよくできていると思う。

モードや状態によって出やすい演出もそうだが、BC前兆も熱いものはちゃんと熱く、ハイワロでもたまに当たるその絶妙なバランスは、さすがユニバといったところ。

ただこのBCを重ねてBTを目指すゲーム性はあまり好みではない。

BC引けない時のストレスがすげぇんだこれ。

そしてこのバジリスク絆の大ヒットにより、このシステムを真似たゴミボを重ねてAT、ARTを目指すクソ台ラッシュに繋がったのは絆が戦犯と言えよう。

いや、大ヒットしているのに戦犯はおかしいか・・・。

しかしやっぱりそう考えると絆ってすげぇなあって思う。

他の同タイプ機種とどうしてこうも稼働率に差が出るのかはあんましよくわからんけど、確かにストック、絆高確、継続率が絡んでイケイケのATは楽しい。

その反面噛み合わない時(特に絆高確)のイライラも半端ないんだけどね。

ハイエナの面でもまだまだ主力として期待してまっせ~!

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-超個人的機種レビュー

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.