ハイエナ稼働

解析サイトに載っていない情報で差をつけろ

投稿日:2018年5月24日

管理人がスロットを始めた頃は、「インターネットで機種解析を調べる」ということがまだそこまで一般的ではなかった。

当時も解析サイトというものはあるにあったが、その数はまだ数える程度であり、細かい天井期待値を載せているサイトなんてほとんどなかったように記憶している。

しかし時代は変わり、今ではみんなスマホでぽちっと検索。

大学生もぽちっ。サラリーマンもぽちっ。主婦もぽちっ。お爺ちゃんお婆ちゃんは・・・さすがにぽちっている人はまだそこまで多くないかなw

まあとにかく簡単にスロット機種の解析や期待値情報が検索できるようになった。

解析サイトの数も膨大で、そんないらんだろ・・・ってくらいサイトが複数出てくる。時代も変わりました。

天井やゾーンの情報が手に入りやすくなったということは、当然昔に比べて期待値のあるところで辞める人の数が減ることにつながり、それを嘆く人も少なくない。

気持ちはわかる。とてもわかる。

ホールで足取りもおぼつかないお婆ちゃんが北斗転生にコインを一枚入れてあべしチェックをしているその様を見た時は、この世の終わりかと思った。

まあ冗談はさておき、このブログでもたびたびこの件について触れていると思うのだが、現状前述の通り基本的に機種の情報戦ではほぼ差がつかない。

ただし、ネットで調べても出てこない、解析サイトに載っていない情報となれば話は別だ。

解析サイトに載っていない情報とはなんぞ?

以前書いたG数前兆についてや、北斗転生の即前兆あたりがまさにそれ。

このあたりは普通に検索して出てくる情報ではない。

細かい検索ワードを入れればひょっとしたら出てくるのかもしれないが、「機種名 解析」なんて打ったってまず出てこない。

基本独自解析である。

もう一つ例を出すと、その昔、「攻殻機動隊」というG数管理のAT機があった。

前兆が当日依存、即前兆狙いも可、ということでなかなか使い勝手がよく、当時触る機会も結構多かったこの台、前兆がガセか否かが前兆ステージの演出で99%見抜ける。

何故そういう仕様にしたかは不明だが、前兆ステージ中に「弱ハック」という演出が発生しない限り、まず当たらない。

弱ハックとくれば当然「中ハック」と「強ハック」があるわけだが、この二つは単独で発生したって当たらない。

いくら中がこようが強が来ようが、結局「弱ハック」が来なければ当たらないという謎仕様なのだ。

まあこれは当時2chの機種スレでは書かれていたので知っている人は知っていたかと思うが、みんながみんな知っている情報ではなかった。

当時かなりのサンプル数を稼いでいたが、マジで弱ハックが来なければ絶対に当たらないので、途中から前兆ステージ中でも捨てていた。

一応気になるのでその後の履歴を確認していたのだが、一度も当てられたことはなかったので、この行動は間違いではなかった。

G数的には約10G程早く辞めれるのだけであるが、回数をこなすとこれも馬鹿にならない。

G数前兆の記事でも書いているが、ゾーン狙いにおける「10G」というものは結構価値が高いのだ。

これと似たような情報で、モンキーターン2の前兆の法則性を語っている人がいて、これは凄いと思った。
(勝手に紹介しているので何か問題がありそうだったら消します)

この台はまあそこまで打つ機会が多くはないが、確かに当たる時と当たらない時の差が露骨だなぁという印象を持っていた。

上のサイトに書いてある情報を基に立ち回りを徹底すれば、相当な期待値の上積みができるのではないだろうか。

いつか検証しよう検証しようと思ってブックマークしておいたのだが、そもそも触る機会があまり多くないので検証しないまま半年以上過ぎようとしている。

近隣店にモンキー2主力だよ、って人がいたら試してみるとよいと思います。

最後に

解析サイトに載っていない情報なんてそうそう見つけられるものではないが、もし見つけることが出来れば、それは相当な武器になる。

期待値を上乗せできるということは、言い方を変えればボーダーを人より下げれるということだ。

これはエナバルも歯がゆいことだろう。

このまとめを書いている途中で思い出したが、今では誰でも知っている北斗転生のモードA時550あべしでガセ前兆が来る件、管理人は世に出回る前から気付いて使っていた。

最近は稼働時間も減ったし、そういうネタ仕入れられてないなぁ。

知っている人いたらコッソリ教えてください。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-ハイエナ稼働

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.