超個人的機種レビュー

亜人

投稿日:2018年3月18日

:★★★★★
:★★★★★
:★★★★★
:★★★★★
:★★★★★

四の五の言わず、まずはスペックを見て欲しい。

設定1のART確率1/358.1で、天井がART間999G。

約3倍ハマりで天井なのでこの時点で優秀と言えるのだが、特筆すべきはここ↓

・天井条件がART間であるため、途中でいくらボーナスを挟んでもOK。

・ボーナス確率が全設定共通1/299.3

・ART間のハマりは通常画面では表示されない。

・リセットで天井がART間600Gに短縮。

やべぇ。

これまじやべぇ。

似たようなスペックの台でこの亜人がどれだけやべぇか比較してみる。

まどマギ2

通常時の天井がボナ・ART間1000Gであるが、リセットで600に短縮される。

リセット時の優遇を考えればなかなか優秀ではあるのだが、やはり天井がボナ・ART間というのがネックとなり、リセット時以外に活躍の場があまりない。

北斗修羅

これは天井がART間1300Gであるが、途中約1/1000のボナを引いてもOKな仕様であるため、導入当初はソコソコ拾えた。

しかしこの台最大のネックは、ART間のハマりをご丁寧にも通常時常に左下に表示してしまう、というハイエナ殺しの仕様であった。

あとそもそもボナが重い。

バジリスク3

これは北斗修羅と似たスペックで、天井がART間1200G、ボナ確約1/1000であるが、ART間ハマりは通常時にメニューボタンを呼び出さないと確認できない、という北斗修羅の弱点を補った形であり、やはり導入当初は活躍の場が多い台であった。

しかしどうにもこうにもボーナス確率1/1000というのはそうバンバン引けるものではないため、ここがやはり少しネックとなってしまっていた。

さて、ここでもう一度亜人の仕様をおさらいしてみる。

・設定1のART確率1/358.1で、天井がART間999G。

・天井条件がART間であるため、途中でいくらボーナスを挟んでもOK。

・ボーナス確率が全設定共通1/299.3

・ART間のハマりは通常画面では表示されない。

・リセットで天井がART間600Gに短縮。

天井恩恵が大きくない、というのが少し物足りなく感じるかもしれないが、それを補って余りあるハイエナ仕様である。

まさにパーフェクトエナ台。

しかし、しかしだ。

もう薄々感付いている方もいるかもしれないが、この台には一つ最大の弱点がある。

設置がない

ずばりこれ。

唯一であり、また最大の弱点。

増台熱望。

にほんブログ村 スロットブログへ
ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。

1

1

-超個人的機種レビュー

Copyright© スロット徒然日記 , 2020 All Rights Reserved.